閉じる

秋冬の鬱って知ってる?

tamashii_nukeru_man光が...足りねぇ

冬になるとなんだか憂鬱気味になる人っていませんか?そうなるって方、それは仕方のないことなんです。これは、日照時間の関係によって引き起こされる「季節性情動障害」というものです。

うつ病のサブタイプの一つで、ある季節にのみ、体のだるさや疲れやすさ、気分の落ち込みなどの症状が出る気分障害。冬季うつ病 (Winter Depression)、季節性気分障害Seasonal depression季節性感情障害などともいう(Wikipedia季節性情動障害より)

この季節性うつ病はなると厄介で日中眠たくなるうえ炭水化物や甘いものを欲してしまう食欲おばけになってしまう病気なのです。ダイエットの敵ですね。せr

でもご安心を原因を知り対策を講じればそのブルーな気分もぶっ飛びますよ!

その前になぜ、人は冬になると気分が落ち込むのか?を知る必要がありますね。

答えはこの2つです。

{・日照時間が少ないから・気温が下がるから}

この2つが大きな原因です。1つずつ説明していきます。

先に言っちゃいますが、大まかにいうとセロトニンが作れてないわけです。

(セロトニンについて知らない方は、セロトニンの記事をお読みください。)

・日照時間が少ないから

日照時間が少なくなるとその分だけセロトニンを生産する量も減っていってしまいます。 (ポ●モンでも天気が悪いとソー●ービームを打つターンが増えると同じようなものです。)日照時間が少ないうえに光量も弱くなっているのでさらにセロトニンの生産量が落ちるのです。

・気温が下がるから

気温が下がると皆さん当たり前ですが、長そでを着ます。そうすると日中外にいても顔意以外に日光が当たらないのでセロトニンの生産量が低下してしまいます。

対策としては、ちょっと寒いですが袖をまくって日光に当たる時間を設けてください。10分くらいで十分にセロトニンを生産するのに必要な光は浴びれると思います。

また、セロトニンの材料であるトリプトファンをとったり、トリプトファンの材料であるたんぱく質を多めにとることをお勧めします。

ちょい、乱暴な裏技ですが、耳の穴にセロトニンと関係する光の受容体があるのでライトを耳に5~6分突っ込んでおくと気分が高揚していくのでどうしようもない時だけやってみてください。(耳にライトについては、反動が時々出るのでオススメはしません。あくまで、裏技として頭の片隅に置いておいてください。)

耳穴にライトをぶち込むよりも、フィンランドにきちんとした商品が売られているので下の楽天のバーナーから見てみてください。

Valkee

って名前ですよ。Valkeeで検索!検索ぅ!

アマゾンと契約できたら直接リンクをはっ付けておきますので応援お願いします!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

トップへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。